ニュース

ニュース

[インタビュー記事]Avanzareつくば

2016/07/06 | <<一覧に戻る

Avanzareつくば

日本選手権3連覇中の絶対的王者Avanzareつくば。精鋭ぞろいのメンバーの中、ひときわ存在感を発揮する背番号『10』・佐々木ロベルト泉選手にお話を伺いました。

記:慶應スポーツ 若林晃平(広報インターン)

 

▼佐々木ロベルト泉選手

――チームとしてどういう練習を重点的に行っていますか?

今年は特にチーム全体での練習を多くしました。ディフェンスやオフェンスの連携の練習、上手くパスを通す、シュートはきちんとゴールに向けて蹴る、といった練習をしてきました。あとは体力をつけること。大会のある7月はすごく暑いので。それから、練習試合のときは一試合一試合を大切にしています。細かいパスの調整だったりを確認します。

 

――チームのコンセプトは?

オフェンシブなサッカー。そして勝つサッカー。勝つためには、スピードや正確さ絶対必要。そしてこのチームは勝ちます。

 

――日本選手権ではいくつゴールを決めたいですか?

それは神様しか知りません。まずは一点。ディフェンスもやっているので、カウンターでの得点も狙いに行きます。チャンスがあればたくさん取ります。

 

――日本選手権では日本トップレベルの選手が集結しますね。

一緒に代表としてプレーしている選手は、一人一人知っているので特に警戒しています。相手が強かろうが弱かろうが、どのチームにも同じ強い気持ちで勝ちにいきます。勝つことしか考えません。フィールドの中は、練習試合でも日本選手権でも“生きるか死ぬか”、強い気持ちをもって臨みたい。

 

――日本選手権に向けて意気込みをお願いします。

4連覇すること。日本選手権のシャーレにはまだAvanzareつくばの名しか刻まれていないので、今年もそこに名を残したい。

 

――歴戦の王者Avanzareつくばが今年も栄冠を掴むのか。熱い戦いに期待です。

 

決勝・3位決定戦のチケット発売中

購入はこちらから!

過去の大会はこちら